Lightning G3 Pro Unit とは

機能拡張プラグイン Lightning G3 Pro Unit

Pro版機能を搭載した
機能拡張プラグインとしてリリース!

Lightning G3 Pro Unitとは、無料版のLightning G3版(version 14.x 以降 )の機能に、さらに便利な機能を拡張することができるプラグインです。
無料版のLightningだけでも十分な機能を揃えておりますが、Lightning G3 Pro Unitを有効化しますと、より効率的で柔軟なサイト制作が可能になります。

新規でLightning G3でサイト制作する方は、制作していく過程で欲しい機能が出てきましたらぜひLightning G3 Pro Unitをご利用ください。
Lightning Proをご利用中でLightning G3 Pro Unitに切り替えを考えている方は、以下をご確認ください。

旧版Lightning ProとLightning G3 Pro Unitの違い

テーマ内ではなくプラグインから機能追加へ

Lightning Proはテーマの中にPro用の機能が入っています。無料版LightningからLightning Proに切り替えるにはテーマをLightning Proに変更する必要がありました。

テーマから切り離してPro用の機能をプラグイン化したものがLightning G3 Pro Unitです。
プラグインですので、Lightningで制作をしている過程でPro版の欲しい機能が出てきましたらLightning G3 Pro Unitをご購入いただければ、テーマを変えずに簡単に機能を追加することができます。

機能を個別に停止できるように

ノーコードで簡単にいろいろ操作できるように随時機能追加しているため、設定項目が次々に増えて結果としてわかりにくくなってしまいました。

また「自分でカスタマイズするのでこの機能はなくても良い」などのケースも増えてきたことから各機能毎に停止可能にしました。

設定 > Lightning G3 Pro Unit から各機能の有効・無効を切り替えられます。


さらに、旧版Lightning Proからの構造を大幅に見直し一新いたしましたので、カスタマイズもしやすくなっております。
旧版にはなかった大変便利な新機能も搭載しておりますので、ぜひLightning G3 Pro Unitを体験してみてください。

Lightning Pro はどうなる?

現状の Lightning Pro は継続メンテナンス

基本的に新機能追加はG3版に移行しますが、WordPressのバージョンアップや不具合修正などのメンテナンスは引き続き継続しますので、受託案件で Lightning Pro をご利用の場合はそのまま継続してください。

テーマ Lightning Pro と プラグイン Lightning G3 Pro Unit は、ほぼ同一のPro版機能

テーマ Lightning Pro と プラグイン Lightning G3 Pro Unit は同一のPro版機能が搭載されており、新しくリリースしたプラグイン Lightning G3 Pro Unitには追加で新機能が搭載されております。
Lightning Pro と Lightning G3 Pro Unit がセットの Lightning G3 Pro Pack という商品での販売に移行しました。

Lightning Proからの切り替え

旧版Lightning ProからLightning G3 Pro Unitへ切り替えを考えている方へ

Lighitning Pro は新規購入者への販売が終了となりますが、すでにご購入の方向けには今後もメンテナンス・サポートは継続いたします。
ご自身のサイトが移行するべきかどうかなど、こちらの記事を読んでいただき推進手順をご確認ください。

Lightning G3 Pro Unit の機能

無料版Lightning をさらに多機能に。より柔軟なサイト制作が可能です

Pro Unitの新機能

いろいろ選べるヘッダーレイアウト

様々なレイアウト・機能を選べます。また、ヘッダー部分を透過させてトップページのスライドやビジュアルをより印象的に見せることもできます。

既存機能にPro Unitの新機能を追加

ページヘッダーカスタマイズ機能

投稿・固定ページのページヘッダーをカスタマイザーから細かく表示切り替えできます。投稿タイプ毎に色やサイズが選べたり、固定ページのページヘッダーにサブテキストを表示したり、先祖階層の要素を表示できます。

Pro Unitの新機能

ヘッダー・フッターも
ページ毎に非表示にできる

以前からページ毎に非表示可能だったページヘッダーやパンくずリストに加えて、ヘッダー・フッターも設定により非表示にできます。

Pro Unitの新機能

Bodyのフォントサイズ指定機能

bodyのフォントサイズを標準の16pxからお好きな数値に変更することが可能です。

Pro Unitの新機能

コンテンツ幅指定機能

画面サイズ毎にコンテンツの収まる範囲をpxで指定することができます。

Pro Unitの新機能

要らない機能はオフにできる

使わない機能はLightning G3 Pro Unit 設定画面から停止(OFF)できます。デザイン設定、フォント設定、ヘッダーレイアウトなど15以上の機能のコントロールが可能です。

Pro Unitの新機能

デザインプリセット機能

ヘッダーのレイアウトやキーカラーなどカラーの設定をおすすめの組み合わせで簡単に設定できる機能です。

ヘッダー上部設定

ヘッダーに電話番号と問い合わせボタンが配置できます。
また、ユーザーがより使いやすくなるようにサブナビゲーションを配置する事が可能で、加えてPC閲覧時には画面左上にサイトのキャッチコピーを表示させることもできます。

キャンペーンテキスト機能

キャンペーンや新着など注目してもらいたい情報をグローバルナビゲーション下やページヘッダー下などに表示させることができます。

セクションベース機能

背景に色や画像を配置してもメインセクションエリアとサイドセクションエリアにの可読性を損なわないようにセクションベース(白い背景)を指定できます。

見出しデザイン変更機能

Lightning Proでは各デザインスキンで見出しのデザインは指定されていますが、個別に指定する事も可能です。

フォント切り替え機能

ヘッダーロゴ、グローバルメニュー、グローバルメニューのサブテキスト、タイトル、テキストの5つの項目でそれぞれフォントスタイルを変更できます。

好みの表示形式が選べるアーカイブページ設定

WordPressは投稿された情報を条件によって絞り込んで表示する事を得意としていますが、記事の投稿タイプやカテゴリーを指定した上で、様々なレイアウトで配置する事ができます。 投稿タイプ毎に違うレイアウトにする事も可能です。

詳細ページ設定

投稿やカスタム投稿タイプの各記事個別ページで「公開日」「更新日 」などの情報や「前の記事 / 次の記事」の非表示設定ができます。

フッターカラー・背景画像指定機能

フッターの色や背景が指定できます。 デフォルトのグレーよりも濃い色に変更したり、背景画像を設定することも可能です。

フッターコピーライトカスタマイズ機能

フッターに表示されるコピーライト表記を自由に変更できます。 デフォルトのコピーライトを削除したり、お好きなテキストに変更することができます。HTML タグを挿入することも可能です。

固定ナビゲーション

スマートフォンでの表示の際に画面下部分に固定ナビが設定できます。
ナビの内容は任意で設定が可能となっております。
また、任意の4つのナビとは別にグローバルメニューを固定ナビの一番左に指定することも可能です。グローバルメニューを固定ナビに設定するとヘッダーで表示していたグローバルメニューは非表示になります。

ExUnitで更に豊富な機能が使えます

弊社開発のWordPress公式ディレクトリ登録プラグイン「VK All In One Expansion Unit(無料)」を使うと、各種ウィジェットやSNS連携、Call To Action 機能など、ありあまりすぎる機能であなたのビジネスサイトを強力にサポートします。

Lightning G3 と Pro Unit を比較

それぞれのデモサイトと比較表を参考にしてください

Lightning G3 Pro Unit の機能比較

「○」 対応 /「←」テーマ側で対応 /「-」 非対応

テーマ
Lightning
(G3)
テーマ
Lightning
Pro
プラグイン
Lightning G3 Pro Unit
Bootstrap対応
CSSフレームワーク「Bootstrap」採用のWordPressテーマ

*1
WordPress ブロックエディター対応
ブロック拡張プラグインVK Blocks
ブロック拡張プラグインVK Blocks Pro
詳細は別表「VK Blocks / VK Blocks Pro 比較表」をご参照ください
-
多機能統合型プラグインVK All in One Expansion Unit
弊社開発のWordPress.org登録プラグイン(無料) / 様々な機能はこのプラグインで別途実装
背景色設定 / 背景画像設定
Font Awesome
Webアイコンフォントをすぐに利用可能
レイアウト設定
1カラム / 1カラム(サブセクションなし)/ 2カラムから選択可能
コンテンツ幅指定機能--
トップページスライドショー
スライドタイプ/スライド表示時間など設定可能
フッターウィジェットエリア数
[ 1 / 2 / 3 / 4 / 6 ]カラム から選んで設定可能
-
記事一覧表示形式の拡張
カードやテキスト1行など複数のレイアウトや表示要素(タイトル・画像・日付・投稿者・カスタム分類など)を任意に選択できる
-
セクションベース設定
背景に色や画像を設定した時にメインコンテンツエリア下にセクションベース(白い背景)あり・無しの設定が可能
-
ヘッダー上部拡張機能
ヘッダー上部にサイトキャプション / メニュー / 電話番号 / 問い合わせボタンを配置及び色指定可能
-
ヘッダーレイアウト切り替え機能--
ヘッダースクロール時のレイアウト切り替え機能--
ヘッダーグローバルナビゲーションカラー切替機能--
ヘッダー透過
ヘッダー部分を透過させる(アーカイブページは非対応)
-
キャンペーンテキスト
グローバルナビゲーション下などに注目してもらいたい情報のテキスト表示とボタン設置可能
-
ページヘッダーカスタマイズ
ページ上部にヘッダー画像を設定可能
-
ページヘッダーサブテキスト表示
ページタイトルとは別にサブテキストを表示する事が可能
--
ページヘッダー表示要素切り替え
投稿ページで投稿タイトル表示や固定ページで先祖階層のページ名などに切り替え可能
--
フォント切り替え
Google Fonts の日本語フォントも簡単に設定可能
-
見出しデザイン変更
豊富な見出しデザインから選択可能
-
固定ナビゲーション
スマートフォン表示の際、画面下部分に固定ナビやウィジェットを設定
-
PR コンテンツウィジェット
見出し・画像・説明・リンクボタンを簡単にレイアウト
(現在はブロックで実現できるため非推奨)
-
(非推奨)
-
フッターコピーライトカスタマイズ
フッターのコピーライト表記を自由に変更
-
フッターカラー・背景画像指定機能
フッターの色・文字色・背景画像を設定可能
-
デザインプリセット機能
ヘッダーのレイアウトやカラーの設定をおすすめの組み合わせで設定できる
--
拡張デザインスキン利用
利用出来るデザインのバリエーションを増やす事が可能
-
対応中
Google タグマネージャー
Googleタグマネージャを設定可能

*2

*2


*1 テーマ軽量化のためグリッドなど一部でのみ使用
*2 ExUnitで実装済みのため利用可能

VK Blocks / VK Blocks Pro 比較表

Lightningは、弊社開発のWordPress.org登録プラグイン「 VK Blocks(無料)」を使うことで、WordPressのブロックエディターに対応した様々なブロック機能を追加できますので、より便利にサイト制作が可能です。なお、Lightning Pro / G3 Pro Unit ライセンス保有ユーザーは、VK Blocksの高機能版である「VK Blocks Pro」を無料でインストールすることができ、より多くのブロック機能をご利用いただけます。

VK BlocksVK Blocks Pro
アラート
注釈や補足などの説明を色付きの枠で表示
フキダシ
顔写真やイラストと吹き出しを組み合わせ可能
質問と回答
よくある質問の作成に便利
フロー
「サービス開始までの流れ」など時系列で順を追って説明したい時に
ボタン
ブロックエディター標準のボタンよりさらに細かな設定が可能
PR Block
来訪者に見てもらいたいページをアピールするPRボックス
見出し
ブロックエディター標準の見出しよりさらに細かな設定が可能
スタッフ
スタッフ紹介やメニュー紹介など柔軟に利用可能
レスポンシブスペーサー
サイズ調整可能な余白を挿入 / レスポンシブ対応
枠線ボックス
見出しのついた枠線ボックスを設置可能
アイコン
FontAwesome のアイコンを単体で設置可能
ステップとタイムライン
物事の順番を説明するページ作成時に
-
子ページリスト
親となる固定ページにその子ページを一覧表示
-
カード
サムネイル画像、見出し、テキスト、リンクを任意に設定して柔軟にコンテンツを作成可能
※従来の3PRウィジェットに比べて表示アイテムが4つ以上に増やせたり、表示レイアウトが変更できたりします。
-
固定ページ本文
トップページやランディングページなどに指定した固定ページの本文内容を表示可能
-
目次
ブログ記事に欠かせない目次を設置
-
投稿リスト
表示条件 / 表示レイアウト / 表示カラムなど任意に指定した投稿リストを固定ページなどに配置
-
Outer
ブロックの外側に背景画像や背景色、 枠線を設置
-
グリッドカラムブロック
画面サイズ毎に表示カラム数を指定可能
※WordPress標準のカラムブロックと用途によって使い分けてください。
-
アイコンカード
Font Awesomeのアイコンを指定していくつでもアイテムを設置可能
※従来のPR Blockに比べて表示アイテムが4つ以上に増やせたり、表示レイアウトが変更できたりします。
-
アニメーション
ページをスクロールした時に要素に動きを加えることができる
-
スライダー
ページ内任意の箇所にスライダーを設置可能・レイアウトは自由自在
-
アコーディオン
コンテンツ部分を折りたためて開閉できる
-
選択投稿リスト
リスト表示する記事を1記事ずつ指定して表示できます。
-

更新履歴

Lightning は日々アップデートしています。最新のアップデート状況は下記やご利用のWordPressのダッシュボードの「Vektor WordPress Information」などをご確認ください。

あなたのプロジェクトに
最適なLightningを選択してください

Lightning G3 Pro Packはこれまでと同じく年間のサブスクリプションとしてお求めいただけます。
また、1年毎の更新が煩わしいという声にお応えして、アップデート期間を変えたプランをご用意しました。
プロジェクトに合わせて、最適なプランをお選びください。

Lightning G3 Pro Pack

(アップデート期間1年)

¥ 9,900

(アップデート期間3年)

¥ 26,400

¥ 29,700

(アップデート期間5年)

¥ 39,600

¥ 49,500

従来の Lightning Pro (G2) 更新ライセンスが必要な方はこちら

2021年5月9日までに Lightning Pro を購入した方は、購入済みライセンスの有効期間中に限り vws.vektor-inc.co.jp/my-account ページより Lightning G3 Pro Unit がダウンロード・アップデートが可能です。次回の更新タイミング以降も継続して Lightning G3 Pro Unit をご利用希望の場合は、Lightning G3 Pro Pack のご購入が必要となります。