G3開発の背景

今回非常に大掛かりな改修となりましたが、以下の目的で実施いたしました。

より制作案件で使いやすいように

  • デザインを上書き・カスタマイズしやすいようにCSS構造の大幅な改善
  • 表示するページ条件に応じて部分的に改変しやすいようにテンプレート構造の見直し
  • 古い機能のファイル・コードを削除してテーマファイルの可読性の改善

表示速度の改善

  • 主流でなくなった機能のCSSやJavaScriptなどの見直しによる表示速度の改善

Lightning 14系〜の構造について

従来の Lightning と G3版 が両方入っています

今回 Lightning を大幅にリニューアルしましたが、かなり大掛かりなリニューアルとなったために既存のユーザーがアップデートしていきなり壊れたりしないように Lightning バージョン13以前の内容と、新しくリニューアルした Lightning G3 が両方入っています

従来版とG3版はカスタマイズ画面から切り替え

従来のLightningをアップデートしただけで G3に変更されるわけではありません

カスタマイザーの「Lightning 機能設定」から「Generation 3」へ設定を切り替える事によって初めてG3の機能が有効になります

従来のLightning(Generation 2)からGeneration 3への互換性はあまりありません。受託案件の既存サイトなどはG3に変更せずにそのまま使ってください。ご自分で運営しているサイトをG3に切り替える場合でも、必ずバックアップをとった上で行ってください。

新規インストールは G3版が選択されています

新規でLightningをインストールした時の世代設定は G3 になっています。もし従来版を使いたい場合は Generation 2 に切り替えて利用してください。

テーマファイルは従来版と現行版でディレクトリが分かれています

コードを書いてカスタマイズする人向け

Lightning のテーマファイルは /wp-content/themes/lightning/ になりますが、この中で従来版のデータは _g2 ディレクトリに、G3版のディレクトリは _g3 ディレクトリにわかれています。

G3で運用中のサイトを子テーマなどでカスタマイズする場合は、_g3 ディレクトリ の中のファイルを参照してカスタマイズしてください。

13以前とG3版の構成・機能の違い

ウィジェットエリア「トップページコンテンツエリア上部」の廃止

G3ではブロックで構築する事を前提としています。トップページに指定した固定ページに各種ブロックを配置して構成する事を想定していますが、どうしてもトップページウィジェットエリアを使いたい場合は下記を参考に子テーマなどでカスタマイズしてください。

https://www.vektor-inc.co.jp/post/lightning-g3-home-content-top-widget/

トップページはデフォルトで1カラムになっています

Lightningを新規にインストールする場合はLightning 14以降はトップページが1カラムで設定されています。
2カラムにしたい場合は「外観 > カスタマイズ > Lightning レイアウト設定 > メインカラム設定」から「2カラム」を選択して保存してください。

個別ページのページヘッダーとパンくずの非表示機能削除

G2 までは各記事の編集画面の「Lightning デザイン設定」パネルからページヘッダーとパンくずを非表示にする事ができましたが、

  • G3のPro版で新たに ヘッダーとフッターも非表示に出来るようにしたので、プロ版でのみ設定項目を増やすような処理を入れるとコードの可読性が落ちる
  • そもそも部分的に非表示にするだけであれば後述で紹介するCSSで事足りる
  • 「CSSなどで対応するから使わない機能はない方が良い」という製作者も一定数存在する

という理由で、G3 では無料版からはこの機能を削除いたしました。

無料版でページ個別にページヘッダーとパンくずを非表示にしたい場合

各記事の編集画面下部で、ExUnitのカスタムCSSに以下を参考に入力してください。

/* ページヘッダーを非表示に */
.page-header { display:none; }
/* パンくずリストを非表示に */
.breadcrumb { display:none; }