ビジネスサイトの雛形を5分でセットアップ!

Lightning G3 クイックスタートは、真っさらなWordPress環境にデモサイトと同じデータを丸ごとインポートすることで、ビジネス向けサイトを素早くセットアップできるようになっています。

クイックスタート完了後、Lightningの設定やページがどんなブロックで作られているのかを管理画面で直接確認できますので、はじめてLightningを利用する人に特にオススメです

インポートするデータはプラグイン「All-in-One WP Migration」を使い、テーマ / 推奨プラグイン / コンテンツデータなどを一つのファイルとしてエクスポートしたものを提供しています。

作業前に必ずご確認ください

  • このクイックスタートは無料版Lightning G3新規セットアップ用データです。
  • 既存のサイトにインポートすると全て消失してしまいますので、十分にご注意ください。
  • インポート後のWordPressのログイン情報は、IDとパスワード共に「vektor」 に変更されます。

動画で手順を確認する

Lightning G3 クイックスタート手順

デモサイトのデータをダウンロード

こちらからダウンロードします。

STEP
1

プラグイン All-in-One WP Migration をインストール・有効化

ダッシュボードの【プラグイン】>【新規追加】でキーワードに【All-in-One WP Migration】と入力しインストール後、有効化してください。

STEP
2

デモサイトのデータをインポート

インポート前に最大アップロードファイルサイズを確認してください

【 All-in-One WP Migration 】>【インポート】画面を開き、「最大アップロードファイルサイズ」を確認してください。この数値は、ご利用のサーバー側での設定が反映されています。

最大アップロードファイルサイズがデモサイトのデータより小さい場合は、インポートできません。先にサイズを増やすことが必要です。

簡単でオススメなのは、別途、専用プラグイン「All-in-One WP Migration File Extension」を追加してサイズを増やす方法です。このプラグインは「最大アップロードファイルサイズを上げる方法」をクリックして表示される英語のページよりダウンロードが可能です。

2021年6月7日追記

最大アップロードファイルサイズを上げる方法」 をクリックすると、今までは、最大アップロードファイルサイズを無料で512MBまで引き上げてくれる専用プラグイン「All-in-One WP Migration File Extension」のダウンロードが可能でしたが、現在はできなくなっているようです。リンクをクリックすると「プレミアム」として有償プラグインの案内ページへと遷移しますので、ご注意ください。 

最大アップロードファイルサイズを増やす方法は、以下の記事を参考にしてください。

最大アップロードファイルサイズに問題なければ、ダウンロードしたデモサイトのデータをインポートします。

  1. 【 All-in-One WP Migration 】>【インポート】画面を開く
  2. ダウンロードしたファイルをドラッグ & ドロップ
    あるいは、画面中央の「インポート元」のメニューを開いて「ファイル」からダウンロードファイルを選択してインポートを開始します。

このような画面が表示されたら「開始」をクリックしてください。

インポートが完了すると「サイトをインポートしました。」と表示されます。「 完了 」をクリックします。

STEP
3

ユーザー「vektor」でWordPressにログイン

一度ページを更新(リロード)すると、WordPressのログイン画面が表示されます。以下のユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。

インポート前のログイン情報とは異なりますのでご注意ください

  • ユーザー名:vektor
  • パスワード:vektor

STEP
4

新しい管理ユーザーを設定する

デフォルトのユーザー「vektor」を削除するため、代わりに管理ユーザーを作成します。

管理画面【 ユーザー 】>【新規追加】から、ユーザー名とメールアドレスを設定し、パスワードは自動で生成されていますが、必要に応じて変更してください。権限グループは「管理者」 を選択します。

すべて設定し終わったら「新規ユーザーを追加」をクリックして保存してください。

STEP
5

デフォルトのユーザー「vektor」を削除

削除し忘れると第三者に簡単にログインされる可能性があるため、この作業は必ず行ってください!

一度ログアウトし、新規作成したユーザーでログインします。

【 ユーザー】からデフォルトのユーザー「vektor」の「削除」をクリックします。

「ユーザーの削除」というページに遷移します。「すべてのコンテンツを以下のユーザーのものにする」にチェックを入れて「削除の実行」をクリックしてください。

STEP
6

パーマリンクを保存

最後にパーマリンクを保存します。

【 設定 】>【 パーマリンク設定 】設定は何も変更せずに「変更を保存」をクリックしてください。

パーマリンクの保存をしないとページが正常に表示されない場合がありますので、ご注意ください。

サイトを表示し、デモサイトと同じものが表示されていることをご確認ください。

STEP
7

テーマ・プラグインを最新状態に更新

テーマ・プラグインをそれぞれ最新の状態に更新してください。

STEP
8

その他の設定変更

管理者用のメールアドレスを変更

【 設定 】>【 一般 】「メールアドレス」に登録してあるアドレスを任意のアドレスに変更してください。

変更後、新しく設定したメールアドレス宛にメールが送信されます。
そのメールに記載のURLをクリックして承認することで管理者用のメールアドレスが変更されますので、必ず承認作業を完了してください。

STEP
1

お問い合わせフォームのメール送信先の変更

【 お問い合わせ 】>【 コンタクトフォーム 】にあるそれぞれのフォームに設定されている送信先メールアドレスを、任意のアドレスに変更してください。

送信先は必ず任意のメールアドレスに変更してください。また、変更後は問い合わせフォームからテスト送信を実施し、受信可能なことをご確認ください。

STEP
2

プライバシーポリシーページの編集

プライバシーポリシーページの社名と代表者名を変更し、記載内容についても適宜変更してください。

STEP
3

各種設定

基本の設定が完了したら、画像やコンテンツを変更してオリジナルサイトを完成させてください。

設定の変更・確認は、ダッシュボード【 外観 】>【 カスタマイズ 】にて行えます。

カスタマイザーを起動すると、項目ごとに鉛筆マークが表示されます。変更したい箇所の鉛筆をクリックすると、編集画面にジャンプします。

ウィジェットの使い方などは ExUnit の公式ページなどからご確認ください。

STEP
4